現在進行形!目白バ・ロック音楽祭ができるまで


by mejiro_ba_rock
6月8日(木)19時開演(18時30分開場)和敬塾・講堂
講師:今谷和徳 演奏:カペラッテ


料金:一般2,000円 学生1,000円(全席自由)

演奏予定曲:
<中世編>
グレゴリオ聖歌「サンクトゥス Sanctus」
トゥルネのミサより「キリエ Kyrie」
コルトナのラウダより「めでたし 聖母よ Ave donna santissima」
スペイン:モンセラートの朱い本より「おお、輝ける処女よ O virgo splendens」

<ルネサンス編>
デュファイ「めでたし 天の后 Ave Regina coelorum」
モラレス「主である神よ Domine Deus」

目白バ・ロック音楽祭2006レクチャーでは、音楽史研究家の今谷和徳氏を講師として、西洋音楽史から見た、それぞれの国の地域性を解説してもらいます。イタリア、フランス、スペイン音楽を、それぞれの歴史背景も含めて比較してもらいながら、中世からルネサンス時代の音楽から、どのような違いを聴くことができるのか、興味深いお話をお楽しみください。音楽祭コンサート・アテンダント「カペラッテ」による実演つき。

チケットのお申し込み:
【お電話で】
●アルケミスタ 03-3901-1573(平日・土 10-18時)

【インターネットで】
●アルケミスタ  http://www.alquimista-mr.com
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-05-25 11:47 | 公演
アウラ・ミニコンサート「カネンス」


出演:アウラ Aura(畠山真央 原嶋絵美 佐藤悦子 菊地薫音 星野典子)

f0094943_12252141.jpg


2006年6月24日(土) 目白聖公会  13時開演 (12時30分開場)

自由席:2000円

********************************************
☆チケット申し込み
・アルケミスタ TEL:03(3901)1573  FAX:03(3901)1578
E-mai:info@alquimista-mr.com

☆目白でご購入の場合
・野上書店
・東京古典楽器センター TEL:03(3952)5515 FAX:03(3952)5516
*******************************************

曲目:作者不詳/ 星よ、陽の光のように輝いて 「モンセラートの朱い本」より
J.S.バッハ/小フーガ ト短調
ヘンデル/ハレルヤ・コーラス
W.A.モーツァルト/トルコ行進曲
J.ダウランド/さあ もういちど愛が呼んでいる 他

ア・カペラの新領域を求めて進歩し続けるグループ、アウラの2ndアルバム「カネンス」発売(6/21)直後のミニ・コンサート。その待望の新作からの曲を中心にアウラの充実ぶりが聴ける1時間になるでしょう。

●アウラ Aura

2003年に結成された女声5声のア・カペラ・グループ。宗教曲、歌曲等を新鮮な編曲で歌い、今大いに注目されている成長株で、ルネサンス期以前の古楽曲は編曲せずに歌う。Auraはラテン語で「風、空気、天、日光、明るみ」と多くの意味を持ち、'05年に1stアルバム「アウラ」をリリースし、各方面から高く評価されている。
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-05-18 12:26 | 公演
f0094943_495429.jpgフランシスコ・ザビエル生誕500周年記念コンサート
濱田芳通&アントネッロ
聖母マリアの頌歌


6月2日(金) 19時開演(18時30分開場)
東京カテドラル聖マリア大聖堂

エキゾチック&ミステリアス。
中世スペインの聖母マリアを讃える歌。

演奏:アントネッロ
春日保人  歌、フルート
花井尚美  歌
藤澤絵里香 歌、ダルシマー
岡庭弥生  歌
西山まりえ  歌、ハープ、オルガネット
矢野 薫  プサルテリー、オルガネット
石川かおり フィーデル
わだみつひろ パーカッション
中村孝志  スライドトランペット、コルネット
濱田芳通  コルネット、リコーダー、ショーム

曲目:アルフォンソ10世編纂「聖母マリアの頌歌~カンティガ集」より

プロローゴ 詩つくり、歌うは  Prologo : Por que trobar
1番 今より、わたしは誉むべきマリアのために歌いたい Des oge mais
330番 薔薇の中の薔薇 Rosa das rosas
15番 すべての聖人たち Todo los Santos (器楽演奏)
139番 素晴らしく、そして慈悲深い Maravillosos e piadosos
384番 そのすばらしい美しい名で A que por muy gran fremosura
167番 どなたが信じる処女マリアか Quen quer que na Virgen
グレゴリオ聖歌:めでたし天の后 Cantus Gregorianus : Salve Regina
100番 聖マリア 夜明けの星よ Santa Maria, Strela do dia
166番 かように彼らは称えた Como poden per sas culpas
60番 アヴェとエヴァでは大きな違いがある Entre Av’e Eva
26番 楽しさを知るのに大きな理由などない Non é gran cousa
24番 神の御母はお間違えになることはない Madre de Deus
37番大いなる奇跡 Miragres fremosos/159番 聖マリアはお許しにならない Non sofre Santa Maria
エスタンピー Estampie (器楽演奏)
425番 喜びよ、喜びよ Alegria, alegria

指定:4500円  自由:3000円  学生:2000円

後援:スペイン大使館

チケットのお申し込み:
【お電話で】
●アルケミスタ 03-3901-1573(平日10-18時)
●チケット・クラシック 03-3376-1919(年中無休、10-24時)
●電子チケットぴあ 0570-02-9990
●チケットローソン  0570-000-407 
●東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452

【インターネットで】
●アルケミスタ  http://www.alquimista-mr.com
●電子チケットぴあ http://pia.jp/t

【目白の店頭で】
●野上書店 ●東京古典楽器センター 03-3952-5515 
●東京芸術劇場チケットサービス 03-5985-1707
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-05-18 02:50 | 公演

目白発!女声の魅力

Ver erat aeternum~永遠につづく春
~作曲家・一ノ瀬トニカ×カペラッテが開く“声”のあらたな地平~


f0094943_22451037.jpg
出演:
カペラッテ
一ノ瀬トニカ(ピアノ) 
スペシャルゲスト:
今井和雄(アコスティック&エレクトリックギター)

2006年6月24日(土) 目白聖公会
19時30分開演 (19時開場)
自由席:4000円

Stella maris~海の星よ(作曲:一ノ瀬トニカ)
Ver erat aeternum~永遠に続く春(作曲:一ノ瀬トニカ)
BREATHE~そらふかく息せよ(作曲:一ノ瀬トニカ)
環-ガイア(作曲:一ノ瀬トニカ)
グレゴリオ聖歌 electro-mix
(サウンドデザイン:一ノ瀬トニカ&今井和雄)
トゥルネのミサより~
Kyrie(憐れみたまえ) Agnus Dei(神の子羊)
アメイジンググレイス(スコットランド民謡/編曲:一ノ瀬トニカ)
サリーガーデン(アイルランド民謡/編曲:一ノ瀬トニカ)
Bogus Variation(サウンドデザイン:今井和雄)
ほか

f0094943_1563126.jpg


●一ノ瀬トニカ(作曲/プロデュース/ピアノ)

東京生まれ。東京芸術大学大学院作曲専攻修了。作曲を廣瀬量平、一柳慧、西岡龍彦、北村昭の各氏に師事。「TO LUMINOUS ENERGY!」で第16回日本交響楽振興財団作曲賞入選。「いちめんのなのはな」で第6回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門入賞、テレビ朝日“題名のない音楽会”出演。数々の委嘱作品は、国内外で幅広く演奏される他、NHK-FM、MUSIC-BIRD等でも放送されている。(主な作品に、フルートと室内オーケストラのための「美しかったすべてを花びらに埋めつくして…」(同曲はワーナーミュージックより発売されているCD『オーケストラ・アンサンブル金沢1000』シリーズに収録され、好評を博している)、ピアノソロ作品「環」、「Blooming Colors」シリーズ、「Meditation」シリーズ、など)。プロデューサー、アレンジャー、ピアニストとしても、様々な音楽制作に参加、各方面より高い評価を得ている。(参加CD:米良美一(カウンターテナー)『ROMANCE』、上松美香(アルパ)『POESIA』…ともにキングレコード、他)。カペラッテのアルバムCD(今年エイベックスよりリリース予定)では、サウンドプロデュースを手がける。現在、桐朋学園大学音楽学部講師。

●今井和雄(ギター)

f0094943_14511311.jpg

1955年生まれ。
高柳昌行、小杉武久に師事。70年代から即興音楽を中心に活動を始める。
1991年、ソロによる即興シリーズ「ソロワークス」を開始。
1997年より集団即興の為のプロジェクト「マージナルコンソート」を企画。
リー・コニッツ(Sax)、ハン・ベニンク(Ds)、バール・フィリップス(Bass)、イレーネ・シュバイツアー(Piano)、エリオット・シャープ(G,Sax)、ローレン・ニュートン(Voice)その他と共演。
2006年はフランス、イギリスのフェスティバルに参加。
最新CDはミッシェル・ドネダ(Ssax)、斉藤徹(Bass)との「Orbit 1」。
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-05-17 14:55 | 公演
2005年目白バ・ロック音楽祭 【堀澤麻衣子 マリアの夕べ】

●お客さまからの声から

先日は目白聖公堂でのコンサートに遊びに行かせて頂きました。
由緒ある教会でのライブ、という事で出来るだけ身を清めて
臨んだつもりなのですがご迷惑をかけなかったどうか心配です。
隅の方でちっちゃくなっていたので大丈夫だと思いたいのですが(笑)

改めてお疲れ様でした。とても素晴らしい2時間を過ごさせて貰いました。
第二部の衣裳が教会でのライブにぴったりで素敵でした。
そしてその格好でスイングしながら教会には全くマッチしないジャズを
熱唱する姿もとてもとても素敵でした(笑)ジャンルにとらわれない、
実に堀澤さんらしい素晴らしいライブだったと思います。「菩提樹」初めて
聴く事が出来ました。とても心に響く曲ですね。
いつか音源として発表される日を心待ちにしています。
可能であればできるだけ早く(笑)待ちきれません!

**********
麻衣子さん昨晩はおつかれさま。
とてもよかった。心に染み入りました。
場所も素敵でしたね。

スタンダードな曲もよいがオリジナルもいい感じですね。
にんじんとキャベツが結構気に入りました。
幸せランプはシチューのCMかなんかで流れてきそう。

とにかく、ありがとうございました。
また素敵な歌声を聴ける日を楽しみにしております。

************
(実は3回泣きました…1曲目の美しさとオリジナルで…)
私は子供時代~高校迄 趣味でコーラスをやっていましたが
クラシックの堅さが嫌になり もっと感情をストレートに表現し易い
ポピュラー音楽に目が向いてクラシックは聴かなくなってました。

でも麻衣子さんの歌を聴かせていただくうち、音楽はもっと自由で
それぞれの世界が表現出来ればいいんだという新鮮な感動を覚えました!
例えばAll of Me は今迄聴いた中で堀澤さんが一番好きです!
自然であったかくて…♪今迄 テクニカルなだけのものはつまらなくて
この曲が好きになれなかったのが いい曲だなって思えた…♪

**************
堀澤麻衣子さん

今日は、素晴らしい歌声を
ありがとうございます!

自分でもビックリしたのですが、
一曲目から、涙が出てしまって

それに、~祈り~ではもうどうしようもなく
涙があふれてきて・・

きっと、麻衣子さんの歌声と協会という神聖な領域に何か
見えない強いエネルギーが働きかけていたからかもしれませんね。

***************
コンサートお疲れ様でした。美声に聞き惚れました。教会にとてもなじむ声ですね。

感動しました。菩提樹、ホロッときましたよ。またリサイタルなどありましたら、
ぜひお誘いください。素敵な音楽を感謝!40年振りの目白も満喫いたしました。では

また!

*********
●共演者、ギターリスト衣川さんより

教会コンサートは初めてで、音作りなど大変な面もありましたが、
コンサート自体はとても楽しく、全体的に良かったとおもいます。
教会に響き渡る堀澤さんの声は、本当に素晴らしかったですよ!
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-05-15 19:17 | 参加アーティスト

堀澤麻衣子

堀澤麻衣子(ほりさわ まいこ) プロフィール


歌手 東京在住、国立音楽大学,藤原歌劇団卒。東山紀之バックコーラスをはじめ、全国でコンサート活動を行い、2000年New Yorkにてデュークエリントン楽団ピアニストkuniと共演を果す。

CD「ソル・アウラ・ヴィータ~太陽・風・生命~」は、関西ヒ-リングチャート1位をマーク。01年 J'aime chanterコンテストにてフランス大使館賞を受賞。ジュビロ磐田応援歌、CMソング(花王等)多数。

2005年、映画「チャーリーとチョコレート工場」等の日本語吹き替え版を多数担当。また、2006年3月にはメジャーアーティスト”ニルギリス”とアメージンググレイスを歌い共演し、アニメ「エウレカセブン」の主題歌『sakura(cherry blossom)』は、TV、ラジオで放映中。全国チャート13位を記録。

また、堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクールを開校、特別講師としても全国各地で教鞭を取っている。

堀澤麻衣子 公式サイト  (CD曲試聴可)
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-05-15 11:45 | 参加アーティスト
堀澤麻衣子ソロコンサート “ Amazing grace 国境を超える愛の輪 ”

f0094943_11292671.jpg


2006年6月17日(土) 目白聖公会  13時開演 (12時30分開場)
指定席¥4500 自由席¥3,000 学生¥2,000
********************************************
☆チケット申し込み
・アルケミスタ TEL:03(3901)1573  FAX:03(3901)1578
E-mai:info@alquimista-mr.com

・サウンドプランニングOR 
TEL&FAX:03(3952)6995
E-mai:sound-or@voix-lumiere.com

☆目白でご購入の場合
・野上書店
・東京古典楽器センター TEL:03(3952)5515 FAX:03(3952)5516
*******************************************

● 出演者
ボーカル:堀澤麻衣子
キーボード:藤本暁子
スパニシュギター:衣川恵章
ウッドベース:川本悠自
コーラス:近藤辰俊・尾島梨絵
パーカッション:岩崎りえ

● 予定曲目
アベ・マリア/シューベルト
Agnus Dei /堀澤麻衣子
にんじんとキャベツ/マツモトジュンイチ
Happy ever after /ジュリアフォーダム
菩提樹/堀澤麻衣子
悲愴~第2楽章~”素晴らしい世界”~ /ベートーベン 作詞/堀澤麻衣子
オペラ「アイーダ」より”ビットーリア”


“ Amazing grace 国境を超える愛の輪 ”

愛...ってどんなものでしょう。
見えなくて、デリケートでとてもまぶしく尊いもの...
歌う度に少しづつ近いてゆけるような気がして、愛をテーマに歌ってきました。
家族、友人、恋人...様々な間に育まれる愛...そしてそれだけに留まらない人間愛のような”大きい愛”について...。

今年はサッカーワールドカップがありますが、国境を超えて愛されているサッカーのように世界中の素晴らしい音楽たちも、私達の魂を揺さぶり続けてきた。
その感動をジャンルを超えて自分なりに表現し、みなさんと対話できたらと思います。
今回は今年ならではの曲と、...クラシック曲にアレンジを加えたり、ポップス曲にオペラボイスをミックスさせたオリジナル曲などをお届けします。
たったいっときしかないこの日、この会場に、御縁で引き寄せられた方々と~国境を超える愛の輪~を感じあい、1つの渦の中で共に喜びを感じられたら幸せです。(堀澤麻衣子)

堀澤麻衣子 公式サイト  (CD曲試聴可)
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-05-15 11:34 | 公演
音楽祭の招聘アーティスト、ニコラウ・デ・フィゲイレドのCD「スカルラッティ・アルバム」がフランスで最も権威のある音楽雑誌「ル・モンド・デ・ラ・ムジク」で最高の評価を得ました。

日本では、アルケミスタ・レコーズの第二弾として発売されているものと同一です。しかしこの海外盤のジャケットは若々しい!とても40代半ばには見えない。

f0094943_16523429.jpg


ニコラウ・デ・フィゲイレド、ドメニコ・スカルラッティ 《13のソナタ》 
ショック・デュ・モンド音楽賞(2006年5月)受賞!

「偉大な通奏低音奏者によって奏でられたソリストのレパートリー、
 この旋律的で官能的な演奏は、素晴らしい着想、自由、自己抑制である」

 これまで、ニコラウ・デ・フィゲイレドの音楽を聞くことができたのは、ルネ・ヤーコプスの指揮するオペラのオーケストラ・ボックスの中だった(ヘンデルの《アグリッピーナ》やモーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》《フィガロの結婚》)。若きブラジル人は、創意豊かな鍵盤で、レチタティーヴォをアリアと同じくらい音楽的に奏でることに成功していた。

 このスカルラッティのプログラムでは、通奏低音の時と同じように、天真爛漫で豊かなチェンバロを味わうことができる。カークパトリックの分類通りに並んだ13のソナタ選集は、速い楽章と、ゆったりしたエピソードが交互に置かれている。急調子の「アレグロ」に、繊細な「カンタービレ」が続くのである。

 ニコラウ・デ・フィゲイレドは、チェンバロをオルガンのように吹かせたり、カリヨンのように響かせたりして楽しんでいる。フェルマータは豊かな倍音のパレットを咲かせ、トリルは楽器全体を振動させる。猫のようなルバートにつなげられた音の蓄積の効果は、音楽を前後に揺らし、南国のエネルギーを開放させる。アルペジオが噴出し(K141)、リズムが腰を振り(K239)、あるいは猛然と繰り返される(K490)。

 ニコラウ・デ・フィゲイレドがタップを踏んだり、ギターやアルペンホルンを驚くほど自在に模倣することができるなら、彼はまた、アイディアの糸を見失うことなく、ポリフォニックな網目を解きほぐしたり(K147, K296)、協奏的な対話を作り上げることができる(K380)。

 この旋律的でかつ官能的な演奏は、装飾音で邪魔をすることなく、しばしばテクスト(楽譜)を自由に解釈する。ミシェル・ピエールの録音は、ベルリンの製作者Mietke(1710年頃)のモデルに基づいて構想されたアラン・ゴットーのチェンバロの優美さを再現する。

Philippe Venturini
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-04-28 16:57 | 参加アーティスト
こんにちは。協賛店担当のQです。山手線占いは田町です。

本日は我らが目白バ・ロック音楽祭の強力な支えである協賛店の皆さんをご紹介致します。

●第一回目は「アトリエ・ド・フロマージュ」さんです。

このお店は目白駅から「F.L.ライトの小路」を徒歩約2分のところにあるチーズ屋さんです。本店は軽井沢、手作りチーズ23年というチーズ好きにはたまらないお店です。

目白店はこじんまりとしているけれど、一歩中に足を踏み入れたら、料理もケーキも大変充実しています。チーズ好きにはパラダイスと言っても過言ではないでしょう。

「チーズだけ」というと、皆「何か重そう・・・」と言いますが、そういう認識は大間違い!ここのチーズケーキは「チーズケーキ=こってりしていて重い」という認識を覆すものです。風味豊かでコクがあるのにとてもさっぱりしています。癒されます。

ケーキや料理の美味しさだけではなく、特筆すべきなのは店の雰囲気でしょう。このお店、とてもアットホームな雰囲気に包まれています。店長をはじめ、スタッフの方たちもとても暖かい人々ですし、普段軽井沢にいらっしゃる社長さんもとても素敵な方です。このお店の暖かな雰囲気やお料理の味に皆さんの人柄が出ているのかもしれません。

目白に足を運んだら、アトリエ・ド・フロマージュに行かなかったら損!!
コンサート前の腹ごしらえに、あるいはコンサート後の余韻を楽しむために、また目白散策の途中に是非是非足を運んでみてください。

テイクアウトも出来ますよ♪
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-04-04 18:17 | スタッフ日記
3月28日業務日報です!
(なぜかバックは「ケロロ軍曹」の「たん・たった・た・た・た~」のテーマ)
担当は、山手線占い「日暮里」のアルケミスタです!

11:00 トッパンホールで「音楽祭」の詳しい説明。
今後の永~い協力を訴えてきました!
13:00 アントネッロの濱田氏宅で公式ガイドブック用のインタビュー&撮影

アントネッロは、なんと今回が「聖母マリアのカンティガ」に初挑戦とのこと!(意外)13世紀以前-記譜法に「リズム表記」があらわれる前-の音楽を演奏するには、歌詞の言葉のもつ抑揚&意味が大きなヒントになるので、いつも徹底した準備をするアントネッロとしては、敬して遠ざけていたようだ。しかし最近濱田氏は「これだ!」という解釈&演奏のヒントをつかんだようで、今回まさに満を持して公演することになった。(ヒントについてはガイドブックをお楽しみに!)アントネッロ・ファンはもとより、必聴!と確信を新たにしました。

16:00 目白の三春堂さんで、つのだ氏のインタビュー。

明日「還暦」?を迎えるつのださん、自分の好きな音楽を正直に演奏してきたひとの余裕と魅力を感じる。目白では、三春堂さん、坂田さん等ギャラリーとのお付き合いもあるようで、アート、食、他にも好きなものがたくさんある「趣味人」のたのしさがあった。ファンはつのださんの放つ「趣味のよさ」「センスのよさ」そして「ひとの魅力」に惹かれてコンサートに来るのでしょうね。「つのだブランド」のセレクトショップで、ご主人が選んだ「ダウランド」や「スペインもの」を聴いて、素敵な余韻をそれぞれの音楽世界への扉を開くのでしょう。

音楽会って、そもそも音楽家の「セレクトショップ」ですよね!
目白のショップも、レストランも、ギャラリーも、そして出演する音楽家も、それぞれの個性を発揮したショップを出すのだ!妙に音楽祭というものの意義が納得できた日でした。

ちなみにお昼の軽食は、アトリエ・ド・フロマージュ(協賛店)でした!

では!次の方、どうぞ!
      
[PR]
# by mejiro_ba_rock | 2006-03-29 15:36 | スタッフ日記